ホームページへ

ホームヘルプサービスとは

ホームヘルプサービス協議会のご紹介

事業のご紹介

研修のご案内

出前講座のご案内

入会のご案内

会員センター一覧

資料集

提言書の提出

リンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
協議会のご紹介 協議会の概要 協議会会則 協議会役員名簿


 

項 目

内 容

基本組織形態

目 的

◎多様なニーズに対応する専門性の高い社会サービスとしての確立
○ホームヘルパーの職業倫理や資質の向上
○適切な事業経営の確保
○地域福祉の増進に寄与

性 格

事業所が加入し、運営は事業所の支援・協力のもとホームヘルパーが行う組織

会員

会費

会員定義

会 員

ホームヘルプサービス事業所

介護保険法、障害者自立支援法の指定を受けた事業所

その他本会が認めたヘルプサービス事業所

準会員

事業所で加入できないホームヘルパー個人

会 費
(年)

会 員

 ヘルパー割               事業所割
(1,000円 × 常勤換算数)+(20,000円/事業所)
※ただし、上限額を10万円とする

準会員

 3,000円

運営

役 員

会長1/副会長3/幹事16(正副会長を含む)/監事2

 

※会長、副会長は幹事の互選
※幹事は地区連絡会議で選出された15地区代表が就任
※監事は代議員の中から選任
※役員はホームヘルパー

会 議

総会
(年1回)

最高議決機関(事業所に所属するホームヘルパーから選任した代議員で構成)

幹事会

執行機関(15地区を代表する幹事で構成)

委員会

制度推進
委員会

事業所において実際に管理、経営を行う実務者、学識経験者等の若干名で構成

地区連絡会議

開 催

15地区(14地域、札幌市)で地区連絡会議を開催

役 割

幹事の選任/地区の会員相互の連絡・調整/地区連絡会議で定めた独自の事業

構 成

地区内の会員

運 営

地区独自の事業の実施等に関わる事務および経費については、地区内の会員(事業所)が相互に分担して行う

事業

研修・研究協議

「全道ホームヘルプサービス研究大会」

【内容】

現行制度の検証と来年度の介護報酬改定への方向性を踏まえ、今後求められるホームヘルプサービスのあり方について考える。

 

分科会を行うこととし、サービスの専門性や技術の向上を図るための課題について検討する。

「スキルアップ研修」(ホームヘルプサービス資質向上研修の改称) 
               ※3地区(道央・道北・道東)

【内容】

初任者から中級者レベルのヘルパーを対象として、必要な専門知識や技術を学ぶ研修を行う。

「上級者ステップアップ研修会」

【内容】

指導的な立場にあるサービス提供責任者や管理者等を対象として、より専門的な知識や、業務管理に必要なスキルを習得する研修を行う。

「ホームヘルプサービス事業経営セミナー」

【内容】

事業所経営に必要な労働基準法や職員管理論等、管理者等に特化した研修を行う。

「地区別資質向上研修」(地区別研修の改称)
               ※原則15地区(札幌及び14地域)

【内容】

会員を対象として、ヘルパー業務に必要な資質向上ための研修を行う。

調査研究

①ホームヘルプサービスにおける調査・研究

情報提供

①協議会情報誌の発行 ②ホームページの運営

 

北海道ホームヘルプサービス協議会組織構成図


北海道ホームヘルプサービス協議会事務局
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目1番地 かでる2.7 2階
北海道社会福祉協議会地域福祉部内
TEL 011-241-3976(代表) 241-3977(直通) FAX 011-251-3971
E-mail d-homehelp@dosyakyo.or.jp